androidアプリを実機で実行する

~ IS01で実機デバッグ ~

作ったandroidアプリは、Androidエミュレータを使ってパソコン上で実行できますが、とにかく遅いです。そこで、このセッションでは、IS01の場合を例にして、実機デバッグの方法を紹介します。これで、実機を使って、数秒で実行できるようになるはずです。ほかの機種でも、たぶん同じ感じでできるのではないかと思います。

1.実機での準備

以下のような準備をしますが、まだ、USB接続してはいけません。

1 「USBデバック」をONにする
2 USB設定→USB接続モードから「高速転送モード」にする

2.パソコンでの準備

まずは、USBドライバとADBドライバをメーカーのサポートページからダウンロードします。IS01の場合は、以下のSHARPのページからダウンロードできます。

http://k-tai.sharp.co.jp/support/a/is01/download/usb/index.html
https://sh-dev.sharp.co.jp/android/modules/driver/

3.USBドライバをインストール

始めに、USBドライバをインストールします。以下の手順です。

1 ダウンロードしたUSBドライバを解凍
2 フォルダの中「is01_driver.exe」を実行
3 指示通りに進める
4 インストール完了

4.ADBドライバをインストール

次に、ADBドライバをインストールします。以下の手順です。

1 ADBドライバを解凍
2 フォルダ名を「 usb_driver 」に変更
3 それを android-sdkフォルダに入れる
4 上書きになったときは、上書きする
5 ここで、実機をUSB接続する
6 「接続はしない」を選択
7 「場所を指定」を選択
8 android-sdkフォルダ内の usb_driverフォルダを指定
9 「OK」
10 インストール完了

補足: android-sdkフォルダは、たぶん「マイコンピュータ」「C」「Program Files」の中にあります。「android-sdk-2.3」などの名前です。

5.実行してみる

さて、準備が整ったので、実行してみます。

1 Eclipseを起動
2 「実行」の「実行構成」
3 「Target」から「Manual」を選択
4 「適応」
5 「実行」
6 is01のような変な名前のものが選択できるはず
7 それを選択して、「OK」

Hello World!

速いです。とても速いです。実行まで3秒くらいでしょうか。実機を持っている人は、ぜひ実機デバッグにチャレンジしてみてください。

ちなみに、IS01はヤフオクで8000円くらいで手に入ります。

次のセクション

Hollo Worldを理解する