android開発の準備をする (2/6)

~ Eclipseを手に入れる ~

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ
 プログラムを書くためのソフトとしてEclipseをインストールします。プログラムを書くためのソフトは他にもいろいろあるし、Eclipseはすごく重いのですが、それでも、androidアプリ開発には、Eclipseが格段に便利なので、これを使うことにします。

5.Eclipseをダウンロードする

まず、Eclipseをダウンロードします。次のリンクからダウンロードできます。

http://wiki.eclipse.org/Older_Versions_Of_Eclipse

いろいろなバージョンがありますが、ここでは「Eclipse Classic 3.4.2」を使うことにします。場所は、「 Eclipse Ganymede SR2 Packages 」をクリックして、「Eclipse Classic 3.4.2」の右にあるリンクです。ちょっと時間がかかるかもしれません。

これで、Eclipseがダウンロードできました。

6.Eclipse日本語化パックをダウンロードする

Eclipseは、標準では英語なので、日本語化するためのパックをダウンロードします。英語でまったく問題ない人は飛ばしてもOKです。次のリンクからダウンロードできます。

http://www.igapyon.jp/blanco/nlpack/eclipse/

インストールするEclipseは、「 Eclipse Ganymede SR2 Packages 」の「Eclipse Classic 3.4.2」なので、このバージョンの日本語化パックを探します。「NLpackja-eclipse-SDK-3.4.2-blancofw.zip」というのがあるので、これをダウンロードします。

これで、Eclipse日本語化パックがダウンロードできました。

7.Eclipseをインストールする

さきほどダウンロードしたEclipseを、パソコンにインストールします。まあ、インストールというか、解凍です。

1 eclipse-SDK-3.4.2-win.zip を解凍する
2 「 eclipse 」フォルダができる
3 NLpackja-eclipse-SDK-3.4.2-blancofw.zip を解凍する
4 「 eclipse 」フォルダができる
5 フォルダ名が同じなので、上書きされる
6 「 eclipse 」フォルダ内の「 eclipse.exe 」を実行する
7 「この選択をデフォルト・・・」にチェックを入れる
8 「OK」をクリック
9 Eclipseが起動する

これで、Eclipseがインストールできました。いま実行した「 eclipse.exe 」がEclipseの本体です。デスクトップにでもショートカットを作っておくと便利です。これで、プログラムを書くこともできるようになりました。次は、メインディシュの Android SDK をインストールします。

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ