ゲーム開発のためのViewの使い方

from Androidゲーム開発ガイド

ゲーム開発とView

Androidには、Viewとか、SurfaceViewとか、GLSurfaceViewとか、いろいろな描写方法があります。この中で、Viewは1番ゲームに向いてないと思います。それでも、Viewには「簡単」という最大の特徴があります。このツール向けのシステムの中で、いかにゲームを作るかも、また楽しいものです。

開発メニュー

STEP 01

Viewを作る

いつものようにAndroidプロジェクトを作って、それからView継承クラスを用意します。

STEP 02

Viewで画像を表示する

ゲームっぽい画像を表示します。これで大分華やかになります。

STEP 03

Viewでループ処理をする

Viewにループ処理を実装します。難しくは無いですが、少し特殊です。これで画像が動きます。

STEP 04

Viewでタッチ入力する

タッチパッドからの入力をViewで受け取ります。これでキャラを操作できるようになります。

STEP 05

Viewで音を再生する

BGMと効果音を再生します。

結果

ゲーム開発の3大要素「画像表示」「ループ処理」「入力処理」ができるようになりました。ただ、Viewはループ処理が苦手です。ここがViewがゲーム開発を苦手としている原因です。でも、逆に見るとループ処理がいらないようなゲームならViewで十分と言うことです。オセロとかは作れそうです。

関連ページ

boco@hp3200.com