Viewを用意する

1.開発目標

このページの目標は、中身の無いViewを作ることです。具体的には、Viewを継承したクラスを作って、それをActivityにセットします。これが、Viewを使った開発の基礎になります。

2.Androidプロジェクトを作る

Androidプロジェクトを作ります。「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」→「Android Project」。この開発では以下のようなプロジェクトにしておきます。

プロジェクト名UsingView
ターゲットAndroid 1.6
アプリケーション名Viewの使い方
パッケージ名sample.android.usingview
ActivitySampleActivity
SDKバージョン4

3.Viewを継承したクラスを作る

Viewを継承したクラスを作ります。このクラスが使われると最初に1回だけ、onDrawメソッドが実行されます。名前からも予想できるように、このメソッドの中に描写処理を書きます。この開発では、ファイル名は「SampleView.java」としておきます。

フォルダ構成

[ UsingView ]
    [ src ]
        [ sample.android.usingview ]
            SampleActivity.java
            SampleView.java
    [ gen ]
    [ Android 1.6 ]
    [ assets ]
    [ res ]
    AndroidManifest.xml
    default.properties
    proguard.cfg

SampleView.java

package sample.android.usingview;

import android.content.Context;
import android.graphics.Canvas;
import android.view.View;

class SampleView extends View {
    public SampleView(Context context) {
        super(context);
    }
    
    //描画処理
    @Override
    public void onDraw(Canvas c) {
    }
}

4.ActivityにViewをセットする

ActivityにViewをセットします。Viewがセットされると、Viewの中のonDrawメソッドが実行されます。今は、onDrawメソッドの中が空なので、真っ黒です。

SampleActivity.java

package sample.android.usingview;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;

public class SampleActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        //Viewをセットする
        LinearLayout l = new LinearLayout(this);
        setContentView(l);
        l.addView(new SampleView(this));
    }
}

5.開発結果

まだ中身はありませんが、これでViewを作ることができました。実行してみます。

エラーにはなりませんが、何も起こりません。次回は、ここに画像を表示します。