カメラを制御する方法 (3/6)

~ カメラオブジェクト ~

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ
簡単なカメラアプリを作りながら、カメラの基本的な制御方法を解説します。今回は、カメラから画像を取得するために、カメラオブジェクトを用意します。

5.カメラオブジェクトを用意する

サーフェイスホルダーが作られた時に、カメラオブジェクトを生成します。また、サーフェイスホルダーが捨てられた時に、カメラオブジェクトを開放します。

SampleView.java

package sample.android.camera01;

import java.io.IOException;

import android.content.Context;
import android.hardware.Camera;
import android.view.SurfaceHolder;
import android.view.SurfaceHolder.Callback;
import android.view.SurfaceView;

public class SampleView extends SurfaceView implements Callback {
	private Camera camera;

	public SampleView(Context context) {
		super(context);
		SurfaceHolder holder = getHolder();
		holder.addCallback(this);
		holder.setType(SurfaceHolder.SURFACE_TYPE_PUSH_BUFFERS);
	}

	@Override
	public void surfaceCreated(SurfaceHolder holder) {
		try {
			camera = Camera.open();
			camera.setPreviewDisplay(holder);
		} catch(IOException e) {
		}
	}

	@Override
	public void surfaceChanged(SurfaceHolder holder, int f, int w, int h) {
	}

	@Override
	public void surfaceDestroyed(SurfaceHolder holder) {
		camera.release();
	}
	
}

これで、カメラオブジェクトが用意できました。次は、カメラが捕らえた映像を画面に表示します。

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ