カメラを制御する方法 (1/6)

~ カメラ権限の取得 ~

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ
簡単なカメラアプリを作りながら、カメラの基本的な制御方法を解説します。今回は、プロジェクトの始めです。まずは、カメラの使用権限を取得します。

1.大まかな手順

1 マニフェストを設定する
2 サーフェイスビューを用意する
3 カメラオブジェクトを用意する
4 カメラプレビューを表示する
5 撮影して保存する

2.プロジェクトを作る

いつものようにプロジェクトを作ります。

プロジェクト名SampleCamera01
ターゲットAndroid 1.6
アプリケーション名カメラアプリ01
パッケージ名sample.android.camera01
Activity名SampleCamera01
SDKバージョン4

3.マニフェストを設定する

マニフェストで、アプリにカメラの使用権限を与えます。ついでに、SDカードの使用権限も与えておきます。

Manifest.xml

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
      package="sample.android.camera01"
      android:versionCode="1"
      android:versionName="1.0">
    <application android:icon="@drawable/icon" android:label="@string/app_name">
        <activity android:name=".SampleCamera01"
                  android:label="@string/app_name">
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />
                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>

    </application>
    <uses-sdk android:minSdkVersion="4" />
    
    <uses-permission android:name="android.permission.CAMERA" />
    <uses-permission android:name="android.permission.WRIGHT_EXTERNAL_STORAGE" />

</manifest>

これで、カメラの使用権限が取得できました。次は、サーフェイスビューを用意します。

前へ   1  2  3  4  5  6   次へ